Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月17日

スタディサプリEnglishの料金は高い?コースとコスパを調査

スタディサプリEnglishというアプリを聞いたことがありますか。スタディサプリEnglishとは、リクルートが提供する英語学習アプリです。この記事では、スタディサプリEnglishでどのような英語学習ができるのかやコースごとの料金、評判などをご紹介します。

スタディサプリEnglishの料金は高い?コースとコスパを調査

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

英語が国際言語と言われて久しく、英語のスキルはビジネスマンにとって必須のスキルであるという現状はこれからも続いていくでしょう。

しかし、英語は私たち日本人にとっては異国の言葉です。
バイリンガルや帰国子女の特例を除き、学習し続けなければ、必要十分な水準の英語スキルを維持し続けることは困難です。

母国語ではない外国語を鍛錬し続けるというのは、簡単なことではありません。
重要だとは何となく分かっていても、手を付けられていない方が大半ではないでしょうか。

現代ビジネスマンに必須の英語スキルを日頃から磨いておくと、ビジネスマンにとってどのような利益があるのでしょうか。
また、英語の勉強をおろそかにすることによって、どのような損をする可能性があるのでしょうか。

英語ができると情報ソースが増える

英語が国際言語とされるのは、世界の多くの場所で実際に用いられている事実によります。
用いられる頻度が高いということは、その言語でやり取りされる情報量が多く、情報の種類も幅広い領域に及んでいるということです。

日本語など特定の言語でのみ発信される情報と、英語を用いて世界規模の不特定多数に向けて発信される情報では、その情報量やジャンルの幅広さは桁違いに異なります。

例えば、新聞やニュース、書籍などを情報ソースとする場合に顕著です。
日本語でのみ手に入れられる情報と、英語を用いることで得られる情報では、政治・経済のジャンルでは全く異なる内容の情報が公開されている場合もあります。

異なる文化圏から向けられる眼差しを感受するのも、海外でビジネス展開をするにあたっては、大事な仕事といえるでしょう。

英語を理解することで、多様な視点の情報を得られる可能性が得られるのはビジネスマンにとって大きな利点と言えます。

英語ができると年収が上がる

英語を巧みに操るビジネスマンは、そうでないビジネスマンと比べると、実際のビジネスの場面で活躍できる機会が多くなります。
活躍の場面を多くもつビジネスマンの年収が、それに比例して上昇するのも自然なことです。

特に外資系企業において顕著ですが、英語スキルが当たり前のように求められる職場においては、英語を用いて処理しなければならない実務も多くあります。
作業効率の観点から見ると、英語スキルの有無で作業効率に著しい差が生じます。

より多くの仕事をこなすビジネスマンに、より多い収入が見込めるのも自然の成り行きと言えるでしょう。

英語のスキルが年収UPに直結するわけではありませんが、英語を使いこなすビジネスマンは、そうでないビジネスマンと比べると、年収に30%もの差が出るとのデータもあります。

英語ができると仕事のチャンスが増える

輸送技術や通信技術の著しい発達により、経済活動の舞台は、ひとつの国の中だけにとどまらず、世界のあらゆる場所がビジネスチャンスの場となっています。
このような世界情勢においては、海外プロジェクトや海外企業との提携により、海外への移住を必要とする機会が、あらゆる人にやってくる可能性があります。

そのような機会が巡ってきたときに、英語はその機会を活かすための重要なスキルとなります。
大事なことは、その機会が巡ってきたときに、専門知識のみならず、英語などの外国語スキルも準備万端かどうかということです。

少子高齢化が進み、経済の低迷が叫ばれて久しい日本では、国内のマーケットが縮小し、経済活動で得られる利益が総じて目減りする事態は避けられません。
国外にビジネスチャンスを得ることは、将来の大きなリスクマネジメントになると言えるでしょう。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

英語ができると、会社のお金で海外に行ける可能性が高まりますが、とはいえ、遊びに行くわけではありません。
海外出張というお仕事として、お給料をもらって堂々と海外に渡航ができるという話です。

業務命令として海外に赴くのですから、渡航費用をはじめとした滞在費用や、その他諸々の経費は当然会社が負担します。
海外渡航という貴重な体験と勉強ができるチャンスを、自分で費用を負担せずに得ることができるというのはとても有難いことです。

これを機に、ビジネスマンとしてステップアップすることができる可能性もありますし、日本では得られなかった体験をすることによって、大きな学習機会を得られることもあるでしょう。

海外出張には、予想もできない大変な事態が起こる可能性もありますが、それを遥かに上回る収穫が得られるでしょう。

スタディサプリEnglishの特徴

スタディサプリEnglishとは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する月額料金制のサービスです。
このサービスは、スマートフォンのアプリで提供されており、手持ちのスマートフォン以外に必要なデバイスがないという点で非常に始めやすいサービスになっています。

英語を基礎から伸ばすことを念頭にカリキュラムが組まれているので、初心者や英語が苦手という人にも始めやすく、続けやすいのが特徴です。

スタディサプリEnglishのカリキュラムは、リクルートの英語専門チームが開発から携わり、日本人が英語学習で挫折するポイントを徹底的に分析して組み立てられています。
加えて、英語学習における各界のスペシャリストを多く招聘して練り上げられたカリキュラムなので、英語の初級者でもしっかりと英語スキルを伸ばすことのできるのがスタディサプリEnglishです。

月額の料金プランもシンプルで分かりやすいのが特徴です。
登録にはリクルートIDが必要になります。

また、日々の学習をアプリが支援してくれるので、利用者からは英語学習に集中して取り組めると好評です。
1回3分から学習を続けられ、自分のペースで学習を継続できるのが、忙しい現代人には有難いシステムです。

スタディサプリEnglishのコースと価格

では、スタディサプリEnglishのコースと価格にはどういったものがあるでしょうか。

英語学習に求めるものや目指すレベルなど、思い描いていることは人それぞれですので、自分に合った学習方法を選ぶことがとても重要です。

あなたが身に付けたいのはビジネスで出世のチャンスを掴むための英語でしょうか。
それとも海外旅行を難なく楽しめるような英語のスキルでしょうか。
今一度、「英語学習を始めるぞ」と意気込む前に考えてみてください。

スタディサプリEnglishでは、ビジネスシーンに特化した英語をはじめ、日常会話に特化した英語、TOEIC試験対策に特化した英語を学ぶことができるコースが用意されています。

ここからは、スタディサプリEnglishのコースと価格をそれぞれ紹介しますので、参考にしてみてください。

1:ビジネス英語コース

ビジネス英語コースと一口に言っても、求められるのはビジネスの場面における英会話のやり取りだけではありません。
人と人とのコミュニケーションによって進められるビジネスの場面において有用な英語を用いるということは、異なる文化圏に出自を持つ他者と、円滑にコミュニケーションを取ることであると言えます。

スタディサプリEnglishが提供するビジネス英語コースでは、スピーキングやリスニング、シャドーイングなどの英語の基礎的な能力を伸ばすカリキュラムの他に、実践を踏まえた講義を提供しています。

スタディサプリEnglishのビジネス英語コースでは、基礎と実践の両方を学べるカリキュラムが組まれています。

スタディサプリEnglishのビジネス英語コースの月額料金は、税抜き2,980円です。

2:日常英会話コース

英語のスキルが役立つのは、ビジネスの場面のみではありません。
海外旅行に行った際に用いたり、外国人と会話をしたり、英語で基本的なコミュニケーションを取る必要のある場面は、いろいろなところに存在します。

スタディサプリEnglishの日常英会話コースは、まるでゲームのようなストーリー仕立てで構成されています。
この学習カリキュラムを1日3分以上こなすことで、気軽に英語学習を続けられるサービスです。

中学生レベルから旅行英語まで、幅広い習熟度に合わせて選べるレッスンが240種も用意されています。
ラインナップが充実していますから、自分のレベルにぴったりのレッスンを見つけることも難しくありません。

スタディサプリEnglishの日常会話コースの月額料金は、税抜き980円です。

3:TOEIC®L&R TEST対策コースベーシックプラン

TOEIC®L&R TESTは、英語のコミュニケーション能力の水準を計るテストで、日本をはじめ諸外国で広く運営されています。
ビジネスマンや学生がこのテストで得たスコアを会社や学校に提示することで、自分の英語スキルを証明することができます。

そのため、会社や学校によっては求めるスコア水準が明確に示されており、そのスコア獲得を目指して多くの人がTOEICに取り組むという傾向が続いています。

スタディサプリEnglishの®L&R TEST対策コースベーシックプランでは、TOEICのリスニングとリーディングの能力を計るテストの対策講座を受けられます。

月額料金は税抜き2,980円です。
各月支払いの月額料金設定の他に、6カ月パックと12カ月パックの料金設定もされています。

なお、このコースに申し込んでいる場合、別料金を支払うことなく、先にご紹介した日常英会話コースを受講することができます。

4:TOEIC®L&R TEST対策コースパーソナルコーチプラン

TOEIC®L&R TEST対策コースパーソナルコーチプランは、先述のTOEIC®L&R TEST対策コースのプレミアム版ともいうべきコースです。

個々の受講者に担当コーチが配属され、個別指導が行われます。
受講者それぞれにオリジナルの学習プランが作成され、学習プランに沿った課題が担当コーチより毎週届けられます。

日々の学習状況はチャット機能で担当コーチに相談できるので、疑問や悩みをため込むことなく、すぐに解消できます。
チャットの他に音声通話での相談も可能なので、担当コーチの存在を身近に感じながら学習を進められるでしょう。

料金設定は、3ヶ月プログラムが税抜き68,000円から設定されています。
なお、このコースに申し込んでいる場合、別料金なしで、先述の日常英会話コースとTOEIC®L&R TEST対策コースベーシックプランを受講することができます。

スタディサプリEnglishの料金の評判

スタディサプリEnglishの料金に関する評判にはどういったものがあるのでしょうか。

英語を学習し身に付けるのが目的とはいえ、料金の支払いが負担になってしまっては、せっかくの勉強に集中できません。
自分にあった学習内容はもちろんのこと、満足と納得できる料金でカリキュラムを受講したい方は多いでしょう。

近頃では、英語学習を受けられるサービスが多岐に渡っているので、利用しやすい料金プランを設定している会社も増えています。
そのため、自分に合ったサービスを見つけられる可能性も高くなっています。

ここからは、スタディサプリEnglishの料金に関する口コミをご紹介します。
スタディサプリEnglishの料金の評判が知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語学習は日本人にとって必須と言われて久しいですが、多くの日本人が英語の習得につまづいてしまうのはなぜなのでしょうか。

それは私たち日本人にとって英語学習をコンスタントに続けていくことが難しいからです。

英語といえば英単語の数が膨大なので、まず初学者は英単語の習得に苦しみます。
しかし、英単語の習得をおろそかにすると、文法の習得にトラブルが生じ、その応用となる会話やライティングの習得も難しくなります。

また、リスニングに取り組んでもサッパリ分からないといった状況に陥ることも最初のうちはあります。
たくさんの英語音声を耳にし、聞き取ることに慣れなければなりません。
さらに、英作文や英会話の練習も必要になる場合が多いでしょう。
自然な英語表現を、外国人である日本人が自然に自発的に身に付けることは極めて困難です。

英単語と文法の知識を身に付け、その応用である読み・書き・会話を磨いてもまだ安心はできません。

覚えた英語はとても標準的な綺麗な英語であることがほとんどです。
英語は世界中のいろいろな地域で話されている言語です。
各地の方言で訛った英語にも対応できるでしょうか。

以上のような困難な事態が起こり得る英語学習というものは、実際のところ茨の道です。

英語学習が続かない理由

英語は多くの文化圏の影響を受けて成立してきた言語です。
英単語の学習は初学者の大きなハードルになりますが、実は英単語が膨大な数にのぼるのはこのような歴史的背景によります。
身近な例としては、tsunami(津波)が英単語として認知されていることが挙げられます。

英語と一言で言っても、多彩な文化圏に影響を受けてきた言語という側面もあり、ただ闇雲に英語に取り組もうと意気込んでも難しい側面があります。

多少の受講料金を払っても、英語学習のサービスに頼ることが英語学習の大変な助けになるのは、英語が単純に異文化であることが理由のひとつです。

そして、英語は私たちにとって外国語であり、言語学習のプロの手を借りることが自身の学習を助けるのは当然のことだと言えます。

勉強の目的が不明確

勇んで学習を開始する前に、なぜ英語を身に付けたいのかという動機を考えましょう。

英語は日本において義務教育から導入される必須科目であり、時には社会人であるからこそ求められる場面もあるスキルのひとつです。

しかし、英語の学習だけが仕事もしくは学業ではありません。
いくら必須スキルと言われても、それだけに時間を割くことはできませんし、そもそも何を優先的に訓練し覚えるべきなのかの取捨選択もできません。

英語の学習をなぜするのかという目的を明確にすれば、優先して身に付けるべきものは何であるのか、どの程度の水準まで身に付けなければならないのかといった判断基準が持てます。

試行錯誤の英語学習の中にあっても、学習目的が明確であれば、迷うことなく学習を続けられるでしょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

日本で生活するにあたって、英語は必須の言語ではありません。
ビジネスや学業の場面において、英語が私たちの躍進を助ける可能性はありますが、私たちは日常生活において英語を必要とはしていません。
つまり、私たちは英語がなくても生きることができてしまいます。

これでは、何となく英語学習に取り組んでみても、自然に英語習得のプレッシャーがかかることはありません。
面白く楽しむのが目的の英語学習であるならばそれでも問題ありませんが、英語を身に付けてキャリアアップの助けにしたいと思う人にとっては大問題です。

英語スキルを自らのキャリアに生かすためには、そのスキル習得を必ず成さなければなりません。
留学や海外出張、英語学習塾に行くなどして英語を使わざるを得ない状況に自分を追い込んでみるのも英語学習を続けるためのひとつの手です。

スタディサプリEnglishの値段が安い理由は?

スタディサプリEnglishは、スマートフォンのアプリで英語学習サービスを提供しています。
アプリの中で受講するコースにそれぞれの月額料金が設定されており、受講者はそれぞれに受講コースを選択して学習を進めます。

スタディサプリEnglishの月額料金は、他の英語学習サービスと比較すると大変安い料金設定となっています。
個々人が有するスマートフォンにサービスを提供する形態がであることが、その安価な料金の理由です。

また、各コースで月額料金が設定されているので、頻繁に学習機会を設けることで別途料金の発生という事態につながらない利点があります。
料金を気にせず、受講者は安心して学習を深めることができます。
それぞれのコースで無料体験をすることもできるので、料金やサービス内容を吟味して納得したうえで受講内容を選択できるのが、「サービスをお値打ち」と高く評価する受講者の声につながっていると言えるでしょう。

加えて、緻密に組み立てられたカリキュラムを受講者それぞれが自身のスマートフォンで履修するスタイルが基本となっているので、運営コストを抑えられることも値段の安さにつながっているのでしょう。

受講者にとっての利便性を追求した、充実したサービス内容が安価であると高評価を受けていると言えます。

スタディサプリEnglishの教室の場所

スタディサプリEnglishで受けられるサービスは全てスマートフォンアプリを通じて提供されるサービスです。

そのため、ある人にとってはカフェであり、別の人にとっては図書館がスタディサプリEnglishの教室になります。
移動時間を英語学習の時間にしたい方にとって、スタディサプリEnglishの教室は電車の中にあります。
家事の合間に英語を学習しようとする方にとっては、自宅の台所や居間が教室です。

インターネット通信が可能なスマートフォンを手にしていれば、あらゆる場所がスタディサプリEnglishの教室になります。
ただし、どこでも英語の学習ができるからといって、やはり電車や図書館などの静けさを求められる公共の場では、堂々と英語の発音練習や会話演習はできません。
また、スタディサプリEnglishがスマートフォンでどんどん学習機会を提供してくれても、自分で実際に言ったり書いたりすることは、効果的に学習を進めるためには重要です。

公衆の目を気にせず声を出して読み書きの練習に取り組める場所を、ご自身の英語教室に見定めて、スタディサプリEnglishに取り組むことができれば最善です。
運営会社本社所在地代表電話
株式会社リクルートホールディングス〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-203-6835-1111

まずは無料レッスンを受けよう

スタディサプリEnglishでは、各コースを7日間無料体験することができます。
気になるコースを体験してみるのもよいですし、自分の現在の英語スキルの水準を計るためにトライアルコースを受講してみるのもよいでしょう。

必要なのことは、まず自分のスマートフォンにスタディサプリEnglishのアプリをダウンロードすることです。
その他にもリクルートIDが必要ですので、詳しくは公式ホームページを参考にしてください。

いつでも手元のスマートフォンで英語学習に取り組めるという感覚は、実際に試してみないと分かりません。
スタディサプリEnglishは簡単に体験することができるので、思い立ったら早速トライしてみましょう。
英語の学習は継続することが最も大切です。
学習を継続することによって、困難を克服し、新たな課題を発見して次のステップに進むことができるようになります。

英語の学習手段はもちろんスタディサプリEnglishだけではありませんが、いつも持ち歩いているスマートフォンで取り組めるので、単純に英語の学習機会を増やすことができます。
こつこつと学習し続けることが最も大事で、そして最も難しい英語の学習において、この学習方法は有用な手段になります。

英語の学習に遅いも早いもありません。
継続は力なりです。
文明の利器もどんどん活用して、英語を継続して学習し、自分のスキルとして身に付けましょう。

Related